支那留学生の一団

 支那留学生の一団は、僕がその傍を通ると、一斉にこつちを見た。それは明かに敵意を示す眼だ。僕はかういふ時、わざわざ口辺に微笑をたたへて、その一人々々の顔を見返してゐた。――かういふ状態が二週間あまり続いた。 船がアフリカ西海岸のヂブチイに着いた。はしけ[#「はしけ」に傍点]の数が足りないので、上陸をするために、僕は彼等と同じはしけに便乗した。すると、船頭の黒人君、相手与し易しと見てとつたか、岸まではまだ半分と思ふ頃、不意に漕ぐ手を止めて、賃金割増を要求しだした。 一同は途方に暮れて顔を見合はせた。唯一人の日本人たる僕は、別に相談には与らなかつたが、彼等の視線は、たしかに僕の協力を求めてゐる。彼等は口々に――意味はさつぱりわからぬが――多分「顔が黄色いと思つて甘く見るな」とか、「馬鹿いへ、警官に訴へるぞ」とか、「愚図々々せずに早くやれ」とか、「相共に抱いて海に投ぜん」とか云つてゐるのであらう。 黒人君は黒人君で、白い歯をむきだし、いはゆる「プチ・ネエグル」で、「あとこれだけ……」と指を三本見せ、さもなければ、今度は手真似で、「船をこがぬ」と云ひ張つてゐる。 本船は明日の朝の出帆である。急ぐことはない。これからこの日光と砂の国に上陸したところで、水瓶を腰にかかへた赤銅色の女を見るだけの話である。それよりもこの黒と黄との争ひが、これからどう発展するか見てゐたい。 この時である。傍に座を占めてゐた彼等のうちの一人は、はじめて僕に話しかけた。―― Quel sale type !(なんといふ汚ない奴でせう!) 僕は眼でそれに応へた。 たうとう増金をだすことになつて、船は岸に着いた。 僕はいつの間にか、彼等の一行中に加はつてゐた。 最初船の中で僕に話しかけたのは、パリで医学を修めたといふC君である。

— posted by id at 04:50 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2107 sec.

http://best-cars-online.org/