僕は、ポオランド人です

「僕は、ポオランド人です。学生です。貧乏な学生です。苦学をしてゐるのです。自分でパンを得なければならないんです」「僕もさうだ」「然し、君は、政府から補助があるんでせう。いくらもらつてゐるんですか」「一文ももらつてやしない」「ほんとですか。しかし、レストランで食事ができるんでせう、毎晩」「できることもあり、できないこともある」「僕は、昨日から、飲まず、食はずです」「おれは、明日から飲まず食はずだ」「冗談でせう。君は時計をもつてゐますね」「君は服を著てゐる」「…………」「君はまだおしやべりができる。おれは、今、ものをいふことさへいやなんだ。あつちへ行つてくれ」「僕は、一昨日まで、写字と翻訳をやつてゐたんです。写字は一行一|文《スウ》、翻訳は一行二|文《スウ》です。それでやつとパンにありつけるのです。それさへ、もう、だれも仕事をくれないんです」 僕は、その言葉を聞き流して、ベンチを離れた。パリには、到るところ、かういふ手合がゐて、東洋の君子に目をつけてゐるらしい。          ★ その広い部屋は、イタリイの新領土、南部チロルの山の中にあるホテルのサロンだ。メラノといふ小さな避暑地だ。同時に避寒地だ。まあ、日本なら熱海といふところだが、それが海岸でなく、山の中だ。

— posted by id at 04:41 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1662 sec.

http://best-cars-online.org/