ニイスの近くに差しかゝつた時

「今晩は」「どなたでしたかね」「初めてお目にかかるんです。君は支那の方でせう」「…………」「さうぢやない」と答へるのは野暮の骨頂である。さういふ時“Non, Jes uis Japonais.”とでもいつて見給へ、そして相手が気の毒さうに詫でもいふと思つて見給へ。それこそとんだ間違で“〔Ca m'est e'gal〕”(どつちだつておんなしだ)が関の山だ。 もつとも、こんな話がある。僕が南仏の旅行をして、ニイスの近くに差しかゝつた時だ。同じ汽車に、フランスの中尉が乗つてゐて、僕にいろいろ東洋の話をもちかける。いい加減にあしらつてゐると、「君は支那人に珍しく、ひげを生やしてゐるね」とやつたものだ。なるほど、支那人にはひげは珍しいが、僕のひげは日本人のひげだ。面倒臭いから、にやにや笑つてゐてやると、奴さん、図に乗つて、「君は北京か、広東か」「どつちでもない。おれはトウケウだ」「トウケウ、トンキンか」「日本の東京だよ」「君は日本人か」「当り前さ」「そんなはずはない」「なけりや、勝手にし給へ」 僕の権幕に、ややたぢろいで、それでもあきらめ兼ねたらしく、「それぢや、君の両親のどつちかが、支那人だらう」「…………」

— posted by id at 04:38 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1661 sec.

http://best-cars-online.org/