すべての日本は外国に優る

「世界の食通から『料理の王』と賛美されたフランス随一の板前オウグュスト・エスコフィエ老がこのほど亡くなった。 翁は外国にあって――わけても英・独・米等の地に永く留まって、フランス料理の醍醐味《だいごみ》を遍《あまね》からしめたので、『美食の大使』とも呼ばれていた。 ロンドンのサボイ・ホテルやカルトンで腕を揮《ふる》っていた頃には、どれほどの喰《く》いしん坊がはるばる海を渡って彼の皿を求めに来たか知れない。 大戦前、しばらくの間独帝に仕えた折りのこと、朕を毒殺するも容易であろうといったカイゼルに対して、フランス人は不意討ちなどは仕《つかまつ》りませぬと敢然といい放ったものだという。 その死に遇《あ》って、パリのあらゆる新聞が筆を揃えて、偉大なる損失を悼んだのも、また、先に政府が勲章をもって功績に報いたのも、調理を芸術の一分野と看《み》る、いかにも美食国らしい振舞いではないか」 右は「料理王逝く」として去る四月二十八日の東朝所載の記事。いかにもその料理王なるひとの生涯は思い見てうらやましきことだ。

       すべての日本は外国に優る

 その料理王の料理、いうがごとくしてそれが日本人であるなら、僕らのごときは毎日のように彼の料理を食ったことか分らない。 昔から僕らは日本という国、およそ何事も精神的のことであるかぎり、いかなる外国にも劣ることなしと考えているが、料理人ばかりは、この話に価するような者は一人もいないようだ。

— posted by id at 04:21 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0351 sec.

http://best-cars-online.org/