亞細亞の日本

『亞細亞の日本[#「亞細亞の日本」に白丸傍点]』とは何ぞ[#「とは何ぞ」に白丸傍点]。世界と云ひ[#「世界と云ひ」に白丸傍点]、亞細亞と云ふ[#「亞細亞と云ふ」に白丸傍点]、獨り其の大小の差あるのみならず[#「獨り其の大小の差あるのみならず」に白丸傍点]、性質に於て全く相反す[#「性質に於て全く相反す」に白丸傍点]。『亞細亞の日本』と云ふは、地理的空名の上に超然たる大國民をして、退きて偏隅に割據して、地理的空名に掣肘せられしむる者也。人種の區別に制せられざる大國民をして、人種的嫉爭の狹隘界に退かしむるもの也。東西文明の英華を食ひ、世界の高所に立つ國民をして、退きて東洋歴史の惰力に制せられしむる也。即ち世界を相手とし[#「即ち世界を相手とし」に白丸傍点]、世界の高所に立ち[#「世界の高所に立ち」に白丸傍点]、世界の順勢に乘じ[#「世界の順勢に乘じ」に白丸傍点]、世界の力を消化集中し[#「世界の力を消化集中し」に白丸傍点]、世界の道理に據るの大運動をして[#「世界の道理に據るの大運動をして」に白丸傍点]、地方的[#「地方的」に白丸傍点]、偏安的[#「偏安的」に白丸傍点]、地理的[#「地理的」に白丸傍点]、人種的ならしめ[#「人種的ならしめ」に白丸傍点]、大運動の[#「大運動の」に白丸傍点]『偉大[#「偉大」に白丸傍点]』を脱骨せしむるもの也[#「を脱骨せしむるもの也」に白丸傍点]。『亞細亞の日本』の『世界の日本』に於ける、豈に唯だ數量、境域の差のみならん耶。彼の歐洲を崇拜し、恐怖し、之を中心として萬事を决定せんとする者の痴愚なる、固より云ふを要せず。然れども亞細亞の名に向つて涙を澆ぎ[#「然れども亞細亞の名に向つて涙を澆ぎ」に白丸傍点]、亞細亞の名によつて[#「亞細亞の名によつて」に白丸傍点]、歐洲と對抗せんとする者の痴愚に至ては[#「歐洲と對抗せんとする者の痴愚に至ては」に白丸傍点]、是よりも甚し[#「是よりも甚し」に白丸傍点]。知らず亞細亞なるものは地理的空名の外[#「知らず亞細亞なるものは地理的空名の外」に二重丸傍点]、果して何ものぞ[#「果して何ものぞ」に二重丸傍点]。

— posted by id at 04:18 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2344 sec.

http://best-cars-online.org/